なんでもそうですか、一度契約してしまえば、なかなか後から値引き交渉はできませんよね。

引っ越しの契約でも同じです

値引交渉するなら契約時にしておくべきです。

そこで、引っ越し業者と契約時に値引交渉する方法についてお話します。


<目次>
・引っ越し業者と契約時に値引きする裏ワザとは?

・引っ越し業者との値引き交渉でやってはいけないこと!

・おすすめの引っ越し一括見積サービス業者とは!

 

引っ越し業者と契約時に値引きする裏ワザとは?

基本はやはり、引っ越しにかかる費用の見積もりを取ることです。

土台となる金額が分からないと、なのも始まりません。

 

見積りは、いろんな運送会社から取った方が、いろんな情報が得られて価格交渉も有利になります。

見積りが来たら、まず見るのは金額ではありません。

項目です。

何トンのトラックを用意しているのか、人員は、付属にかかってくる項目はなどをチェックします。

 

たとえば、価格をおさえるために、少し小さめのトラックで見積もっている場合があります。

もし、トラックが小さくて荷物が積めないってあなれば大変です。

何社か見積りを取れば、自ずと、どれぐらいのトラックが必要か分かりますので、必ずチェックしましょう。

また、スタッフの人数もチェックです。

人手が少ないと、引っ越しの時間がかかります。

後、付属の項目をチェックすることです。

たとえば、A社には、段ボールの費用が含まれているが、B者にはない場合、B社に段ボールを依頼すれば追加費用となります。

ですから、項目をチャックして、いるモノ、いらないモノを区別して、見積り費用を調整しましょう。

 

見積りのチェックができたら、次に、業者を絞ることです。

交渉する業者が多すぎると、かえって交渉しにくくなります。

できれば3社程度に絞った方がいいでしょう。

では次の項で、値引き交渉術についてお話します。

引っ越し業者との値引き交渉でやってはいけないこと!

引っ越し業者との値引き交渉でやってはいけないことって何でしょう。

それは、即決です。

よく、営業トークで「今この場で契約すれば安くなります」と、即決を迫られることがあります。

即決は、基本的に損です。

後から見積りを見直して、もう少し値引けたのにとか、もっとサービス項目を追加しておけばよかったなど、必ず後で後悔します。

即答を求めてこられたら、まずは「もうすこし考えてから」と返答しましょう。

 

では、値引き交渉ですが、本命を最後に持ってくることです。

3社に絞り込んだとすれば、3社目を最後の交渉業者とします。

 

1社目、2社目との交渉で、どこまで詰めた値引ができるか、探りを入れておきます。

だいたいの値引き金額を知ったうえで、本命の3社目に、本音で交渉していくのです。

また、本命があることで、前者2社との交渉も強気でいけますから、大胆な値引き交渉ができるはずです。

本命を最後にして、値引き交渉をするのが賢い交渉なのです。

 

こういった交渉の基本は、いかに多くの見積りをチェックしているかがポイントになります。

情報が多ければ多いほど、価格交渉が有利に進められます。

まずは、多くの見積りをお集めましょう。

 

そこで、おすすめなのが、引越し一括見積サービすです。

簡単入力で、多数の運送業者からの見積りがゲットできます。

一度利用してみては如何でしょか?

次の項で、おすすめの引越し一括見積サービス業者を紹介します。

おすすめの引っ越し一括見積サービス業者とは!

 

今や数多くの企業が、引っ越し一括見積サービスを運営しています。

その中でおすすめなのが、「引越し侍」です。

「引越し侍」は、TV・ラジオなどでCM放送している、東証一部上場の企業が運営しているサービスです。

ですから、安心して利用できます。

全国260社以上の引越し料金を比較してくれすので、費用が最大50%安くなることも!

また、引っ越しの見積もり以外にも、料金相場や、各業者のサービス内容・口コミ、引越しの手続き・準備や荷造りなど引越し関連の基礎情報も満載です。

もっと詳しく「引越し侍」について知りたいなら!

こちら→「なぜ「引越し侍」が一括引っ越し見積りに選ばれるのか?」





このページの先頭へ